統合失調症で障害基礎年金2級を取得、子の加算と併せ年額100万円を受給できたケース

女性(30代)主婦
傷病名:統合失調症
居住地:相模原市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額100万円 

相談時の相談者様の状況

 一人暮らしを始めましたが、掃除はできず、洗濯も干さず放置していました。日常生活が一切回らず、毎日幻覚を見て泣いていました。食欲不振となり38キロまで体重が減少したため、近医内科を受診したところ自律神経失調症と診断されましたが受診を中止しました。その後、結婚し出産しましたが、再度幻覚と現実の境がわからなくなることがあり、統合失調症と診断されました。暫らく受診はしませんでしたが、突然息苦しくなり救急受診しましたが特に異常は認められず、精神的なものだと言われ薬が処方されかかりつけ医受診を指示されました。現在は服薬治療を行っています。症状に変化は無く部屋は汚部屋状態となっており、夫の援助が無ければ日常生活を送ることができない状況となっています。

相談から請求までのサポート

 1分間判定からお問い合わせをいただきました。家事や育児ができず幻聴や幻覚がひどく家事も全くできないとのお話でしたので、受給可能性は高いと判断し、ご説明したところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、子の加算と併せ年額100万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864