変形性股関節症による人工関節置換で障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給できたケース

女性(50代)休職中
傷病名:変形性股関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額: 年額59万円

相談時の相談者様の状況

 左股関節に徐々に痛みが出現したため近くの病院を受診しました。暫く様子を見ていましたが、両股関節、両膝痛が酷くなった為クリニックを受診しました。検査の結果、両変形性膝関節症、両変形性股関節症と診断され、大学附属病院を紹介されました。暫く経過観察をしていましたが、痛みが酷くなった為、左人工関節全置換術を受けました。術後は定期的に受診し経過観察を継続しています。

相談から請求までのサポート

 人工関節の手術後にご連絡をいただきました。痛みが出現し、医者に行ったのが10年程前で、我慢をして生活をしてきましたが、痛みがひどくなり手術を受けたとのことでした。事後重症請求になるのでなるべく早く申請したほうがいいとご説明したところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金3級が認められ、年額59万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864