統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年額108万円を受給できたケース

女性(20代)無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額108万円 

相談時の相談者様の状況

 介護職で勤めていましたが、友人に騙されてクレジットカードを作らされたり、借金をさせられたりして、幻聴・幻覚を訴え、保護入院となりました。統合失調症と診断されましたが、退院後1年ほど経過すると、通院頻度も少なくなり、順調に回復していきました。週3日の清掃の仕事に就きましたが、そこでセクハラを受け、体調が悪化し、退職となりました。不眠や幻聴に悩まされ、暴力事件で警察沙汰になり、保護入院となりました。現在も入院中で、壁に頭をぶつけたり、鼻血を出したりして、拘束されています。

相談から請求までのサポート

 お母様からお電話にてお問い合わせがありました。統合失調症で入院をされている娘さんのご相談でした。病状が急激に悪化した為、長い間病院にて療養中という事でしたので、障害年金の受給可能性は高いとお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額108万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864