両変形股関節症による人工関節置換で障害厚生年金3級を取得、年額64万円を受給できたケース

女性(50代)会社員
傷病名:両変形股関節症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
受給額: 年額64万円 

相談時の相談者様の状況

 両下肢に痛みが出現し、痛み止めを服用していましたが、痛みが強くなった為受診しました。両変形性股関節症と診断され経過観察となりました。痛みがあるときは市販薬を服用し、何とか日常生活を送っていましたが、痛みがさらに強くなり、日常生活においても支障が出てきたため、手術希望により専門病院を受診することにしました。両変形性股関節症と診断され、まず左人工関節の置換術を施行しました。術後経過観察を行っていましたが、右変形性股関節症が悪化し、右股関節も人工関節置換術を行ないました。

相談から請求までのサポート

 1分間受給判定よりお問い合わせをいただきました。3か月程前に左股関節の人工関節手術を行い、右も手術予定とのことでした。初診は厚生年金加入中でしたので、障害年金3級に該当するとご説明いたしました。なお人工関節は2か所入れても2級にはならず、3級のままです。

結果

 障害厚生年金3級を取得、年額64万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864