額改定請求により、てんかんで障害厚生年金3級から2級に等級変更され、年額59万円から132万円に額改定されたケース

女性(40代):会社員
傷病名:てんかん
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額132万円

相談時の相談者様の状況

 弊社でてんかんでの障害年金の裁定請求を行った方で、その時はBタイプの発作(意識障害の有無を問わず、転倒する発作)が年1回発生するものでしたので、3級に認められました。その約1年後に更新を迎え、更新のご依頼の為ご連絡をいただきました。

相談から請求までのサポート

 更新のご依頼を受け、ヒアリングをさせていただきました。前回と同じ病院で同じ主治医という事でしたが、てんかんの頻度がかなり多くなりBタイプの発作が月1回程度起きるとのことでした。前回の決定から1年は過ぎていましたので、額改定請求を行うことにいたしました。

結果

 障害厚生年金3級から2級に等級変更され、年額59万円から132万円に額改定されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864