うつ病で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(30代):休職中
傷病名:うつ病
居住地:海老名市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円

相談時の相談者様の状況

 朝起きられなくなり、元気が無かったことから母親が心配しメンタルクリニックを受診しましたが、特に心配は無いと言われました。その後は問題なく生活し、公務員として勤務しましたが、上司よりパワハラを受けるようになり、身体が動かず頭痛、吐き気出現したため、受診したところ適応障害と診断され休職することとなりました。ほとんど寝たきりのような状態で過ごし、家事は全て母親が行っていました。休職期間満了に伴い復職しましたが症状は改善しておらず、精神状態が増悪し再度休職しています。2週間に1度通院しているが、布団から出られず予約をしていても受診できないことも多い状況です。日常生活における身のまわりのことも全て母親が援助しています。

相談から請求までのサポート

 お嬢様の状況をご心配されたお母様からのご相談でした。役所でパワハラにあい、うつ病となり仕事もできず、1日中寝たきりに状態であるとのことでした。仕事もできず日常生活も一人では困難出るため受給可能性は高いとお話ししたところ、そのままお電話にてご契約となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864