広汎性発達障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で267万円を受給できたケース

女性(40代):無職
傷病名:広汎性発達障害
居住地:茅ヶ崎市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円、遡及額267万円

相談時の相談者様の状況

 大学卒業後就職しましたが、感覚過敏やコミュニケーションがうまく取れないことにより毎日疲労困憊していました。自分の拘りやルールが強く、完璧主義で優先順位をつけることが苦手であり、自分が気になった細かいことを優先するため仕事がうまくいかず退職となりました。その後も拘りが強く人間関係がうまくいかないことがあり、短期間で転職と退職を繰り返しました。たばこや香水の臭い、通勤、人がたくさんいるということにも耐えられないため、就労ができず無職です。経済的に困窮している状況です。

相談から請求までのサポート

 クリニックの先生からのご紹介でした。発達障害で就労が長続きせず、また日常生活も困難な状況でしたので、可能性は高いことをお話いたしました。また通院は定期的にしていらっしゃったので、遡っての請求をご提案したところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で267万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864