末期腎不全による腹膜透析導入で障害厚生年金2級を取得、年額198万円を受給できたケース

男性(60代):会社員
傷病名:末期腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額198万円

相談時の相談者様の状況

 健康診断で肝機能障害を指摘され受診しました。精査するよう大きな病院を紹介され、精査加療目的で入院したところ、膜性腎症と診断されました。ステロイド療法を開始し、経過観察を行いましたが、腎機能は経年的に憎悪していきました。ついには腹膜透析の導入となり、現在外来で経過観察しています。

相談から請求までのサポート

 HPの問い合わせフォームからご連絡をいただきました。一旦はご自分で申請をしようと年金事務所に相談に行かれたようですが、書き方がよくわからないので頼みたいとのことでご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額198万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864