双極性障害Ⅱ型、境界性パーソナリティ障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で130万円を受給できたケース

女性(30代):無職
傷病名:双極性障害Ⅱ型、境界性パーソナリティ障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円、遡及額130万円

相談時の相談者様の状況

 情緒不安定で自己制御できなくなりました。躁状態では奇行が多く、うつ状態では希死念慮が強く、就労もせずにアパートの一室でひきこもっていました。受診したところ、双極性障害Ⅱ型、境界性パーソナリティ障害の診断をされました。医師からは生活習慣の確立を目指すよう指示されましたが、日常生活状況に変化は見られませんでした。就労は短期退職を繰り返し、安定して仕事をすることはできませんでした。症状は治まっていませんでしたが、通院・服薬共にしていませんでした。自室に引きこもるのが常態化しており、身の回りの多くのことも家族のサポートを必要としています。

相談から請求までのサポート

 HPの問い合わせフォームからご連絡をいただきました。お嬢様の状況をご心配されたお父様からのご相談でした。面談にてお嬢様の状況を詳細にヒアリングし、受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円、遡及で130万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864