右被殻出血による肢体障害で障害厚生年金1級を取得、年額153万円を受給できたケース

女性(50代):主婦
傷病名:右被殻出血
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級
受給額: 年額153万円

相談時の相談者様の状況

 看護助手として勤務中、急に気分が悪くなりました。呂律が回らなくなり倒れこんだため、そのまま救急搬送されました。重度の左片麻痺、左半側空間無視が認められ、頭部CTにて右被殻出血と診断されそのまま入院となりました。その後リハビリテーション病院へ転院となり、5ヵ月程度入院しました。退院後は2ヵ月に1回受診し、経過観察を行っています。また、不定期で左下肢の装具外来を受診し、現在は、別途訪問リハビリ、訪問看護を受けています。

相談から請求までのサポート

 郵便局に設置している弊社の三つ折りチラシをご覧になりご連絡をいただきました。奥様が脳出血で半身マヒということでご主人からのご相談でした。お話を伺ったところ左半身がマヒしており日常生活も一人では困難とのことでしたので受給可能性についてお話ししたところご依頼となりました。脳血管疾患が原因の肢体障害の場合、初診から6か月の時点で症状固定と先生が判断してくれれば、その時点を障害認定日にできる場合があります。しかし先生の判断は症状固定をしていないとの判断でしたので、通常の1年6か月での障害認定日で進めることに致しました。

結果

 障害厚生年金1級を取得、年額153万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864