社会的治癒を援用し、双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できたケース

女性(40代):主婦
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額: 年額78万円

相談時の相談者様の状況

 大学受験に失敗したことにより精神的に調子が悪くなり、精神科を受診しましたが、体調が回復したため通院を中断しました。その後は特に病院を受診することはありませんでしたが、20数年経過したある日、抑うつ、情緒不安定といった症状が再燃し、認知行動療法的精神療法、薬物療法等継続していますが、劇的な改善は見られません。慢性的な抑うつ状態の中、年に数回そう状態となり、易怒性、対人刺激性、衝動性が現れ過活動となり散財するといった行動を繰り返しています。現在は閉居しほとんど何もできずに過ごすことが多く、単独での外出はほぼできない状況となっています。

相談から請求までのサポート

 年金事務所で書類を入手し、ご自分で進めていらっしゃいましたが病歴が長く、既に初診の病院ではカルテは残っていませんでした。どうしていいかわからず弊社にご相談に来られました。初診は10代という事で第三者証明の取得も考えましたが、お話を伺うと2件目の受診までかなり期間が空いていましたので、社会的治癒を援用することにしました。3件目のクリニックにカルテが残っており、受診の経緯が書かれていましたので、問題なく進めることができました。

結果

 障害基礎年金2級を取得、年額78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864