初診月日は特定できないまま申請を行い、慢性腎不全による人工透析導入で障害厚生年金2級を取得、年額134万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:慢性腎不全
居住地:神奈川県
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額134万円 

相談時の相談者様の状況

 仕事中にトイレが頻回となり、職場のトイレにアリがたかるようになったため同僚の勧めにより病院を受診したところ2週間の入院となりました。その後は仕事が多忙であったため通院しませんでしたが、次第に体調が悪化し、インスリン治療を開始しました。しかし。徐々に腎臓の数値が悪くなり、急性腎不全で入院となりました。その後人工透析導入のためシャント造設し、血液透析導入となりました。その後のフォローは近医で受け、現在週3日血液透析を受けています。

相談から請求までのサポート

 人工透析を行っていらっしゃいましたが、20年以上前から患っていらっしゃる糖尿病が原因でした。そうなりますと初診日は糖尿病の初診日となります。しかし既に病院にカルテは残っていませんでした。しかし2件目の病院にはカルテが残っておりそこで取った受診状況等証明書には初診日の年だけが書かれていました。年金の納付記録を見ますと前後2年間は厚生年金加入中でしたので、月は不詳のまま年だけ特定し申請いたしました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額134万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864