B型事業所通所中の方からのご依頼で、統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年額118万円、遡及で424万円を受給できたケース

男性(40代):就労継続支援B型事業所
傷病名:統合失調症
居住地:神奈川県
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額118万円、遡及額424万円

相談時の相談者様の状況

 警備員として就労していましたが、過酷な労働環境で、精神的にも肉体的にも限界になりました。ある日「逮捕状が出ている」「裁判所から呼び出された」と言って警察に出頭した為、そのまま実家に戻りました。不眠、不安、緊張、恐怖の状態が続き、幻聴が聞こえるようになった為、母親と一緒に病院を受診したところ、急性一過性精神病性障害と診断され、強制入院となりました。退院後は2週間に1回通院していましたが、不安、緊張、恐怖、軽いうつの症状があり、やがて退職となりました。退職後は就労継続支援施設A型事業所で就労を開始しましたが、現在は就労継続支援B型事業所で作業をしています。

相談から請求までのサポート

 HPからご本人からお電話にてお問い合わせがありました。いろいろお話を伺いましたが、日常生活は自分で何とか出来ているとのことでしたが、退職後は一般就労ができていない状況でしたので実態はもっと悪いのではないかと考えていました。実際に診断書を取ったところ、相当重い状態で出来上がってきました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額118万円、遡及で424万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864