うつ病で障害厚生年金2級を取得、年額169万円を受給できたケース

男性(50代):無職
傷病名:うつ病
居住地:神奈川県
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額: 年額168万円

相談時の相談者様の状況

 不眠がちとなり、憂うつ気分が出現したため受診したところ、うつ病と診断されました。妻も躁うつ病に罹患しており、心的負担から病状が悪化し希死念慮が出現したため入院しました。その後、病状は安定し軽うつ状態で経過していましたが、集中力の低下及びそれに伴う事務処理能力の劣化により転職となり、易疲労感が強まるようになりました。やがて病状が悪化し入院治療を受けました。現在は閉居した生活を送っており、労務不能の状況です。

相談から請求までのサポート

 HPからお電話でお問い合わせがありました。現在一人暮らしですが、家事はできず、仕事もできていない状況でした。お電話にて現在の状況を詳しくヒアリングさせていただき、受給可能性についてお話ししたところお電話にてご依頼となりました。

結果

 障害厚生年金2級を取得、年額168万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
お問い合わせ
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864