統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円遡及416万円を受給できたケース

女性(50代) 無職
傷病名:統合失調症
居住地:川崎市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額77万円遡及額416万円

相談時の相談者様の状況

親御さんからご相談いただきました。勤め先の方から様子がおかしいといわれ精神科を受診、幻聴・幻覚の症状があり初診以降は少し良くなったそうですが、仕事も退職し外出することも少なくなり自宅で横になっていることが多かったそうです。薬を自己中断されたことをきっかけに病状が悪化し入院もされたそうです。親御さんも高齢となり将来を心配して障害年金のご相談に来られました。手帳も現在申請中とのことでした。

社労士坂野の見解

初診時の仕事はパートで厚生年金加入中ではなかったため、基礎年金の申請になりますが、発病からご様子から、統合失調症による残遺状態や諸症状のご様子から現在の状態は日常生活に著しい制限があり就労もできないご様子から生活保障が必要な方だと思いました。

相談から請求までのサポート

ご両親のご協力をいただき、日常生活の状況・発病からの経過をご記載いただきました。先生に病状が伝わるよういただいた資料をまとめ診断書をご依頼いただきました。初診後は一時回復したとはいえ、就労もできていないご様子だったため、併せて障害認定日の診断書もご依頼しました。

結果

結果、障害基礎年金2級を受給することができました。遡及請求も認められ、年金の申請を悩まれていたこともあり、申請が認めらうれしく思いました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
お問い合わせ
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864