双極性障害で障害厚生年金3級を取得、年間59万円を受給できたケース

女性(30代)無職
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:59万円

相談時の相談者様の状況

10年位に仕事上のトラブルをきっかけにうつ病を発症され、その後双極性障害になり、何度か就職するものの、発病前のように仕事をこなせずに、仕事が長続きせず、就労支援施設に通いながら何とか頑張っているものの、通常業務はできないため、年金の助けを借りながら、何とかできる仕事から始めてみたいとご相談にいらっしゃいました。

依頼から請求までのサポート

精神疾患のため、まずは担当医に年金の申請を考えていることを伝えていただいたところ、年金の請求は難しいのではないか言われたため、担当医に相談者の方の現状を伝えるべく、日常生活の状況を伝えるためのレポートを作成して診断書依頼時にお渡ししました。診断書の内容は相談者からお聞きした内容に比べてやや軽く感じましたが、何度も仕事にチャレンジして、うまくいかなかったことなど、相談者の話をよくお聞きし、診断書では伝えきれない部分を病歴報告書に盛り込んで申請いたしました。また初診のカルテがないため、初診の証明にも気を使いましたが、処方箋の写しや第三者証明を添えて初診の証明としました。

結果

診断書の日常生活の程度は(2)でしたが、就労に対する困難さを訴え、障害厚生年金3級、年金年額59万円の年金を受給できることになりました。この年金受給が社会復帰へのきっかけになればと祈念しています。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864