うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間130万円を受給できたケースできたケース

男性(30代) 会社員
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
年間受給額:130万円

相談時の相談者様の状況

長時間労働によるストレスで自分自身のセーブが効かなくなり精神科を受診し、適応障害との診断を受けました。服薬治療を続けていましたが家族との軋轢が強まり、自宅に居たくなかった為、実家を出て現在の奥様と同棲を始めました。しかし直ぐに情緒不安定になり同棲を解消し一人暮らしを始めました。しかし食欲不振、不眠で家事も一人ではこなせないでいました。やがて仕事も辞め転職を繰り返していましたが、再び同棲を始め結婚をすることにしました。すると結婚式の準備等で母親の干渉が再び酷くなったことをきっかけに症状が悪化し、自殺未遂をおこしました。
結婚後、通院を再開しました。この頃は一人では外出することは無く何もやる気が起こらず食事や入浴は自発的にはできませんでした。また他者との付き合いはなく不眠が続いていました。医師は急に状態が悪化したと思っている様子で薬は増えましたが睡眠はあまり改善がみられませんでした。
妻が退職し専業主婦となった為、1日2食食べるようにはなりましたが、一人だとやはり食べる気にはならず、空腹感もありません。交通機関を利用する際は、動悸や手汗、吐き気がし一人で乗ろうとすると症状が悪化するため外出時には安定剤は欠かせません。日光を見ると嘔吐感に襲われるますし、逆に天候が悪いとより体調が悪くなり情緒不安定となるといった状況です。安定した就労ができないため経済的な不安を抱えて御夫婦で相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

面談時詳細に聴き取りをしましたが、認定日当時も相当具合が悪かったようですが通院していなかった為、事後重症請求しかできないとご説明いたしました。ご本人が面談に来られましたが大分辛そうなので奥さんとのやり取りで書類を仕上げました。先生も協力的な対応をしていただき、2級レベルの診断書が出来上がってきました。

結果

障害厚生年金2級(年間支給総額約130万円)を取得されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864