大腿骨骨頭壊死で障害年金3級を取得、年間128万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:大腿骨骨董壊死
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間受給額:59万円

相談時の相談者様の状況

 股関節に痛みを感じだしました。我慢できなくなり近所の整形外科でMRIを撮ったところ両側大腿骨骨頭壊死が認められました。大学病院を紹介され検査の結果、大腿骨骨頭壊死と診断されました。しばらく痛みを我慢して仕事をしていましたが、セカンドオピニオンで専門病院を受診しました。
 CTとレントゲンを撮ったところ、同じく大腿骨骨頭壊死と診断されました。今の痛みから解放されるには手術しかないと言われ3か月ほど痛みを堪えて仕事をしていましたが、痛みがひどくなり、靴下やズボンの着脱が困難になり介助が必要となった為、人工関節置換手術を行ないました。
 仕事は座り仕事ですので現在は通常に勤務しています。人工骨頭にすると障害年金が貰えるかもしれないと友人から聞いてご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

 人工骨頭に置換した場合原則3級に認めてもらえます。初診日は厚生年金加入中でしたので特に心配もしませんでしたが、診断書の細かなミスがありましたので、先生に書き直しをお願い致しました

結果

障害等級3級を取得し、年間128万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864