大動脈弁閉鎖不全症で人工弁置換手術を行い障害年金3級を取得、年間69万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:大動脈弁閉鎖不全症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間受給額:69万円

相談時の相談者様の状況

歯科医院で上顎の手術をすることになり、術前検査行ったところ高血圧と心電図異常が認められ、他院にて心エコー検査を受診するように指示されました。近医を受診したところ大動脈弁閉鎖不全症と診断されました。3年程何事もなく過ごしましたが、通勤途中で急な目眩、全身の痺れにおそわれ1時間以上動けなくなりました。その日の内に病院を受診し検査を行ったところ手術、加療を勧められました。5回程検査を行った後、大動脈弁置換手術を行いました。2年程手術をした病院に通っていましたが薬の関係で近医に転院しました。人工弁で障害年金が請求できると聞きご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

初診が歯科医で、こちらのカルテがすでに廃棄されていましたが、2番目の医師への紹介状が残っており、初診の記録として提出いたしました。後は特に問題なく進めることができました。

結果

事後重症請求を行い、障害等級3級を取得し、年間69万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864