大動脈弁閉鎖不全症で人工弁置換手術を行い障害年金3級を取得、年間84万円を受給できたケース

男性(40代)会社員
傷病名:大動脈弁閉鎖不全症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
年間受給額:84万円

相談時の相談者様の状況

 会社の定期健康診断時にオプション検査を追加したしたところ、循環器の異常を指摘されましたので大きな病院で検査を受けました。検査結果は初期の大動脈弁閉塞不全症でした。特に治療法もないので1年間の経過観察となり気を付けて生活していましたが、夜に背中の痛みで目が覚める事や胸の痛みなどが増えてきました。
 1年後、再検査を受けましたが心エコーの結果、病状が悪化していることがわかり、循環器内科の先生に診てもらうことになりました。CT造影検査を行ったところ、大動脈弁閉塞不全症が重症化していたことがわかったので、経食道心エコー検査を受け、血圧を下げる薬をもらい通院が始まり経過を観察していましたが、3か月後に人工弁置換手術を受けました。
 退院後は重量物を持つなど前胸部に負担がかかるような動作は行わない、夜間勤務は術後3ヶ月程度控える等の制限付きで復職しました。人工弁で障害年金が受給できると聞き、インターネットを検索し、弊所にご相談に来られました。

依頼から請求までのサポート

初診から2年余りでしたので記録はすべて残っていましたが、診断書を書き慣れていない先生なのか診断書の不備等で少し時間がかかってしまいました。

結果

障害等級3級を取得し、年間84万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864