うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間123万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金認定日2級
障害基礎年金 年間受給額:123万円

相談時の相談者様の状況

約10年前、結婚による転居をきっかけに、新しい土地での対人関係がうまくいかず、また障害を持つお子様の育児による精神的な負担から症状が悪化していき、日常生活においても無気力な状況が強く、年金の申請を検討したいということで、ご主人とご一緒にご来所されました。

依頼から請求までのサポート

発病のきっかけが転居のころからであること、お子様の育児中で、薬を制限しなくてはいけない期間や通院できなかった期間もあることから、発病前の様子から、受診していない期間等の状態についても、注意して記載いたしました。また、医師に日常生活の状況が伝わるよう、聞き取りした内容をまとめて、病状にあった診断書を作成いただけるようにいたしました。

結果

結果、事後重症請求で2級の障害基礎年金を受給することができました。障害をお持ちのお子様がいてなんとか頑張らなければと無理をされていましたが、経済的な不安が軽減され多少なりとも気持ちが軽くなっていただければと思います。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864