器質性精神障害で障害基礎年金2級を取得、年間100万円、訴求で約370万円を受給できたケース

女性(30代)無職
傷病名:器質性精神障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年額100万円 遡及額370万円

相談時の相談者様の状況

お母様とご一緒にご相談に来られました。

リストラで精神的に不安定になり受診したところうつ病と診断されました。

その後治療を中断していましたが出産後に引き籠るようになり、お母様が育児や家事をこなしていましたが、ある時点から不可解な行動をとるようになりました。

この時期より入退院を繰り返すようになり、自殺未遂も起こすようになりました。

治療費の負担が増えてきたところ障害年金のことを知りご相談にいらっしゃいました。

相談から請求までのサポート

初診の病院のカルテは残っており初診の証明は問題なく取れましたが、認定日の診断書が軽く書かれており、先生に再考を求め書き直していただきました。

請求日の診断書は症状と乖離がなかったためそのまま申請いたしました。

しかし年金機構から返戻を受けてしましました。

それは不可解な行動をとり始めた時点を初診とするようにとの指示でした。

新しい初診の証明はスムーズに取れ申請自体は特に問題ありませんでしたが、機構ともう少しよく相談していればよかったとの反省点が残りました。

結果

認定日、請求日とも障害基礎年金2級、子の加算を含め年間100万円を受給できました。

また4年遡及で遡及額370万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864