双極性障害で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(30代)アルバイト
傷病名:双極性障害
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

中学生の頃からうつ状態になり、身内や友人の自殺により強いストレスを受け自殺未遂を起こすまでになりました。

大学でカウンセリングを受け専門医を受診しましたが、躁鬱状態を繰り返すようになり、病院も行ったり行かなくなったりの繰り返しでした。

仕事もままならず経済的に困ってご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初診日が16年前の学生時代で、病院も既に廃院となり記録は何も残っていない状態でした。

やむなく第三者証明を友人に作成していただきました。これ以外証拠は何もありませんでしたが、20歳前障害ということで申請できました。

ただ病気が長期にわたっているため病歴をまとめるのに苦労致しました。

結果

事後重症請求で障害基礎年金2級の決定を受けました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864