統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円・遡及適用分150万円を受給できたケース

女性(20代)無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金認定日2級
障害基礎年金 年間受給額:133万円・遡及適用分55万円

相談時の相談者様の状況

22歳になるお嬢様ご相談で、お父様がご相談にいらっしゃいました。

転校をきっかけに小学校の高学年頃からいじめにあい、中学校入学のころより、幻聴を訴えはじめ、また自傷行為が始まりました。

その後も情緒不安定な状態が続き、当初の診断は解離性障害とされていました。

その後も病状が回復せずに幻覚・妄想が悪化し統合失調症に病名が変更になりました。

はじめはご本人で障害年金の手続きをされていましたが、ご自分での申請が難しく進まないため、当相談センターにご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初診の病院が県外の遠方の病院でしたが、郵送対応で初診の証明を取得することが出来ました。

当初の病名が解離性障害で神経症にあたるため、障害認定日の申請にあたっては、当時から幻聴・幻覚の症状があるという事をお聞きして、診断書の備考欄に統合失調症を疑わせる精神症の症状が出ていることとICD-10コードを記載していただきました。

結果

20前障害の障害認定日請求で2級の障害基礎年金を受給することができました。

お嬢様は卒業後も仕事に就けていないこともあり、将来のことを心配されていました。

受給が決まり少し安心していただければと思います。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864