脳梗塞で障害基礎年金1級を取得、年間98万円・遡及適用分65万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:脳梗塞
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金 障害認定日1級
障害基礎年金 年間受給額:98万円・遡及適用分65万円

相談時の相談者様の状況

申請者の方は、脳梗塞による四肢麻痺で、リハビリ病院を退院し、隣接する障害者支援施設に入所し、自宅へ戻るための生活訓練を行っている時に、障害年金のことを知ったご家族の方がご相談に来られました。

ご来所の際に、発病から現在までの経過を簡単にレポートしたもの、身体障害者手帳の診断書の写し、入院計画書の写しや、リハビリの計画の写しなどをお持ちいただきました。

そのため障害の状態やリハビリの進行具合などがわかりスムースなご相談が出来ました。

問題はどのタイミングで申請できるかという事でした。

相談から請求までのサポート

脳梗塞のような脳血管障害の場合には、初診日より6か月経過した日以後に、医学的観点からそれ以上の機能回復がほとんど望めないと認められるときは、1年6か月を待たずに障害認定日として取り扱うとの特例があります。

相談者の方が先生に相談した際には1年6か月後の申請でいいのではないかと言われたそうです。

そのためケースワーカーの方にも相談し、現在の状況が症状固定といえる判断材料についてご相談をしました。

そこで障害年金の制度の説明や障害認定日の特例のご説明をさせていただきました。

結果、機能回復のためのリハビリが終了した日付で診断書の記載をいただくことが出来ました。

ご本人が動けないためなるべく証明書の取得は代行する形で処理を進めました。

結果

申請の結果、障害認定日請求で障害基礎年金1級に該当しました。

今後ご自宅で介護サービスを受けながらの生活となるため、年金の受給が決まり、また遡及請求も認められ喜んでいただくことが出来ました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864