統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年間118万円を受給できたケース

男性(30代)無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金現症日2級
障害厚生年金 年間受給額:118万円

相談時の相談者様の状況

中学校の頃いじめにあい、親元を離れて生活していたが、仕事上のトラブルから不眠や幻聴に苦しみ、病状が悪化、親元を離れているため、見かねた昔の職場の先輩が心配して、障害年金のご相談の電話をかけてこられました。

ご本人の病状が重く、事務所にご来所いただけないため、お電話いただいた先輩に同伴いただき、ご自宅で面談をさせていただきました。

仕事についてなかなか続かず、家庭内の生活も、ままならない様子でした。

障害認定日の頃は、病院の受診がなく、現在の病状が悪いため、現症日での請求をすることになりました。

相談から請求までのサポート

今回のご依頼者の方は、発病の原因から実家に戻れず、一人暮らしをされています。

日常生活の状況を伝えるとともに、元の職場の先輩などの援助の様子が伝わるように、診断書の依頼を致しました。

診断書の内容も、お伝えした日常生活の状況を反映されたものとなっておりました。

結果

現症日で2級の障害厚生年金を受給することができました。

現在、就労も難しい状態であるため、受給が決定し精神的にも安定していただければと思います。

周囲の助けがあって申請に、こぎつけたケースでした。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864