躁うつ病で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:躁うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

同居するお母様がお嬢様のご相談にいらっしゃいました。

高校生の頃よりうつ症状が出始め、初めの頃はご家族もただの怠け癖だと思われていたそうです。

会社勤めを始めてからは躁状態も出現するようになり、長くは勤められず病院を受診されました。

定期的な受診と服薬治療を行っていましたが、うつ状態と躁状態の繰り返しで病状は回復せずむしろ悪化傾向にあるご様子でした。

長期間うつ状態と躁状態を繰り返す不安定な状態で、就労もできず将来を心配されてのご相談でした。

相談から請求までのサポート

初診の病院、二つ目の病院とも最後の受診から時間が経っていたこともあり、カルテ等の診療録は残っていませんでしたが、レセプトコンピュータに記録が残っていた為、初診日を確認することができました。

また、お嬢様が医師へご自分の病状を十分にお伝えできていない印象でしたので、日常生活についてお母様に詳しくヒアリングさせていただき、お嬢様の様子をお伝えするお手紙を添え、医師へ診断書作成を依頼しました。

結果診断書の内容も、お伝えした日常生活の状況を反映されたものとなりました。

結果

事後重症請求で2級の障害基礎年金を受給することができました。

受給が決まりお母様もご安心いただけたと思います。

お母様への入念なヒアリングによって受給にこぎつけたケースでした。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864