うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間160万円を受給できたケース

男性(40代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
障害厚生年金 年間受給額:160万円

相談時の相談者様の状況

仕事上のトラブルから、うつ病を発症された方で、奥様に付き添われて相談に見えられました。

発病当初は身体に症状が出現されていた為、脳神経外科に通院されていましたが、その後精神科に移られています。

障害認定日頃には一度病状が落ち着かれ数年間は社会復帰されたものの、その後は欠勤、休職を繰り返され希死念慮が強く自傷行為もみられるようになり、ついには退職をされました。

ご相談に見えられた頃には一人での外出はままならない状態で、奥様が日常生活全般において常に援助されているご様子でした。

ご面談時にもとても緊張されている様子が伺えました。

相談から請求までのサポート

病歴、日常生活の状況についてとても細かくご報告いただけました。

過度な説明になってしまわない様に、ポイントを押さえて日常生活の状況をレポートにまとめ診断書を依頼しましたが、診断書の内容が単身で生活した場合が前提になっていなかった為、再度奥様の援助の様子をお伝えしたうえで、見直しをお願いしたところ全て状況が反映された診断書をご作成いただくことができました。

結果

結果、障害厚生年金2級を受給することが出来、配偶者加算も認められました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864