うつ症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円、訴求請求で60万円を受給できたケース

男性(20代)無職
傷病名:うつ症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円、遡及額60万円

相談時の相談者様の状況

部活動内でいじめがきっかけで、登校しようとすると吐き気や腹痛・下痢をともなうようになり、やがて極度の自己嫌悪を訴え、引きこもり状態となり、食事も取れず、家族と顔を合わせることが出来ず、一日中ベッドから出られずに過ごしていました。

翌年には多少状態が良くなりましたが、中学校を卒業後、周りの同年代が進学や就職で忙しく動き始めるのを見て、学校へ通えなかった自分に負い目を感じるようになり、何度も首吊り行為を繰り返していました。ついには首吊り自殺を実行しましたが、一命はとりとめました。

その後精神科での治療を続けていましたが、自殺観念が強くなり自宅マンションから飛び降り自殺を図り心肺停止状態で病院へ搬送されました。入院中は、外傷治療と合わせ、精神科の医師に病状観察及び服薬指示等の診療を行ったもらっていた。

退院後も自殺観念はなくならず、足のリハビリもあり気分の良い時は家族が付き添って近所へ散歩に出たりしますが、一日中ベッドから出られない日も少なくない状態で2~3週に1回の割合で通院している状態でした。

相談から請求までのサポート

初診は3年前でしたので、カルテは残っており申請的には特に問題はありませんでした。お母様の全面的なサポートがありスムーズに申請することができました。

結果

結果、認定日請求の障害基礎年金2級が決定し、年額78万円、遡及額60万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864