大動脈弁閉鎖不全症で人工弁置換手術を行い、障害厚生年金3級を取得、年間145万円、遡及請求で120万円を受給できたケース

男性(50代)会社員
傷病名:大動脈弁閉鎖不全症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:145万円

相談時の相談者様の状況

海外出張の前日、金属性の歯を飲み込んだため、職場近くの救急外来を受診しました。

その際、胸部CT撮影を撮影したところ
「心臓血管が正常範囲より大きいので、人間ドッグ等できちんと相談をした方が良い。」
との指摘を受けましたが自覚症状がなかったのと仕事が忙しかったため
すぐには受診しませんでした。半年後胸部CT画像を持参し専門医を受診しました。

胸部レントゲン、心電図、エコー検査を実施し、胸部大動脈瘤、大動脈閉鎖不全症と診断されました。早急な手術が必要とされ、外科の病院を確定して、紹介状を書いてもらい人工弁の置換手術を受け、休職中にご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

人工弁への置換は、障害厚生年金3級に該当するとご説明いたしました。本人の思い込みで初診の病院が変わったりしましたが、発症から1年程度でしたので、特段問題なく手続きを進めることができました。

結果

結果、認定日請求の障害厚生年金3級が決定し、年額145万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864