うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間58万円を受給できたケース

男性(30代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:58万円

相談時の相談者様の状況

相談者の方は、大学卒業後就職した職場が残業の多い職場で、忙しかったときには問題なく勤めていましたが、会社の合併、業務量が減ったことをきっかけにノイローゼ状態になりました。

会社の上司のすすめで精神科を受診したところ、当初は適応障害と診断されました。

それからは、休職により症状は回復するものの、就労に伴い悪化を繰り返し、傷病名もうつ病に変わり、何度か転職を繰り返しましたが就労不能となり、経済的な不安から障害年金のことを知りご相談に来られました。

相談から請求までのサポート

初回無料相談の際に、ご本人に日常生活状況のヒアリングをしたところ、日常生活はやや自立している様子で、就労すると病状が悪化し短期の転職を繰り返している様子から3級相当の症状であることがわかりました。

そのため、病歴就労状況等証明に何度も休職している期間を漏れのないように記載し、通院と服薬をしてもなお現在就労できない状況であることを訴えました。

結果

結果、障害厚生年金3級を受給することが出来ました。
経済的な不安の軽減から徐々に就労できるようになればと祈念しています。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864