頚椎後縦靭帯骨化症で障害厚生年金3級を取得、年間58万円、訴求で73万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:頚椎後縦靭帯骨化症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:58万円 遡及額:473万円

相談時の相談者様の状況

出勤後すぐ、急に左手が腫れてきたため、会社の指示により当日すぐに会社の指定病院を受診しました。
左手腕の腫れがあり、腕を真っ直ぐに伸ばせず、手を握ることができませんでした。週3回程度通院し、投薬及び首の牽引治療を受けました。

日常生活においては、車、バイクの運転等左手を使用する日常生活全般が困難で、車の運転をする仕事であったため、職種が変更になり、やがて左手が不自由なため、退職することとなりました。

相談から請求までのサポート

初診日は2年程前の為、スムーズに進むと思っていましたが、診断書に病名を3つ書かれ、しかも全く別傷病と診断されたので、それぞれに受診状況等証明書と病歴記入書を作成しなければならなくなりました。
請求人に先生にどう依頼したらわからないと言われたため、請求人の受診時に同行し、先生に直接状況を説明して新たに受診状況等証明書を2枚書いていただきました。

結果

認定日請求の障害厚生年金3級が決定し、年額58万円、遡及額416万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「肢体の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864