慢性腎不全で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

女性(50代)無職
傷病名:慢性腎不全
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

むくみが気になるようになったのでホームドクターに相談したところ、むくみが酷かったため、すぐに大学病院を紹介されました。
利尿剤を処方され少々楽になりましたが、自覚症状は特になかったため薬をもらっただけで通院しなくなりました。

2年程経ったところむくみが酷くなり再び大学病院を受診したところ即入院となりました。インスリン注射を始め、腹膜透析のカテーテル手術後、透析を開始しました。

自宅にて透析を行い、2週間に1回通院している状況で相談にこられました。

相談から請求までのサポート

初診がホームドクターの為カルテは残っており、手続きはスムーズに行えました。

結果

認定日請求の障害基礎年金2級が決定し、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864