転移により症状が悪化したため、肺がんで障害基礎年金3級から2級へ額改定、年間受給額が100万円増額されたケース

男性(60代)無職
傷病名:肺がん
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級から2級へ額改定
障害厚生年金 年間受給額:58万円から158万円へ増額

相談時の相談者様の状況

2年ほど前に障害年金のサポートをさせていただいた方からご相談をいただいた案件です。

肺がんで障害厚生年金3級を受給されており、1年前に更新をされましたが、状態が悪化し、検査の結果、リンパ節への転移が見つかり、食道狭窄により食事もとりにくくなり、体力低下から著しい全身倦怠の状態とのことで、入院している病院からご連絡をいただきました。 

病院へ訪問したところ病状がだいぶ悪化されていました。1年前に更新されていましたが、等級変更はなかったため早速、額改定の手続きを開始しました。

相談から請求までのサポート

初ご訪問時に、現在の病状をヒアリングさせていただき、状況が悪化した場合は、額改定ができることと診断書に記載していただきたい項目などをまとめた書面と記載いただく診断書をお持ちし、医師へご説明できるように資料を作成させていただきました。

出来上がった、診断書の内容も障害の程度、病状、日常生活活動能力、予後についてもきちんと記載されていることを確認し申請手続きをしました。

結果

結果、障害厚生年金3級から2級に改定され基礎年金部分と配偶者の加算が加わり年間受給額100万円の増額となりました。

今後の治療費や働けないことによる収入減を多少なりとも補えるようになりました。一度申請された方でも、状態が悪くなった場合には額を改定ができることを覚えていただいておりサポートが出来ました。

状態が悪くなると自分では動けないため、ご相談いただいたることにより早期に動くことが出来た事例です。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「その他の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864