アルツハイマー型認知症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円、遡及請求で253万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:アルツハイマー型認知症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金障害認定日請求2級 現症日2級
障害基礎年金 遡及額:253万円 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

50代前半から発症し、かかりつけの内科を受診、その後病状が進み、介護サービスを受けていたケアマネージャー様のご紹介でご相談に来られました。

相談者の方は認知症の症状が進み、病状等を伝えることが難しい状態でした。独身であるため、同居の高齢のお母さまが窓口となりご相談に来所されましたが、障害年金の申請が複雑で、何をどう手を付けていいのかわからない状態でした。障害の状態は重く、年金が必要な方であるため、サポートが必要な方だと感じました。

相談から請求までのサポート

ご相談窓口のお母さまがすでに高齢で、発病当時の様子はお話しいただけるものの、その後の病歴についてはあいまいなところもありました。そのため診察券等の資料やお薬手帳などをいただき、書類をまとめていきました。

物忘れの症状が出始めてからかかりつけの内科医を受診し、専門医の紹介を受け、アルツハイマー型認知症と診断されました。病名がはっきりし、薬の処方だけならと、障害認定日の頃も引き続きかかりつけの内科医を受診されていました。

診断書の依頼の資料を作成し、先生に面談して診断書の依頼をしましたが、お忙しいことと診断書の記載に慣れていないこともあり4回の訪問でようやく認定日の診断書を作成いただくことが出来ました。現在の状態については、神経内科の専門医が記載いただけたため、スムーズに病状を反映した診断書を書いていただくことが出来ました。

結果

結果、障害認定日に遡って障害基礎年金2級を受給することが出来ました。長く大手証券会社に勤務されていましたが、発病当初は退職され亡くなられたお父様の家業を手伝っておられました。そのため、障害基礎年金での請求しかできませんでしたが、認定日に遡って請求することが出来たことは救いになりました。認知症などの場合は、サポートする方が高齢であるなど、なかなか年金の請求をすすめられない場合があります。

初回は無料のご相談をお受けしているので、まずはご相談いただければと思います。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864