急性大動脈解離で人工血管置換術を実施。障害厚生年金3級を取得、年間123万を受給できたケース

男性(50代)正社員
傷病名:急性大動脈解離(Stanford A型)
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
障害厚生年金 年間受給額:123万円 

l  相談時の相談者様の状況

急性大動脈解離(Stanford A型)にて人工血管置換術を受けてからおよそ半年経過したところでご相談に来られました。

職場にも復帰されていましたが、胸や背中、鼠径部に痛み、手の指に痺れ、両脚の感覚異常、声のかすれといった症状が残っており、重い物を持ったり、走ることはできず、仕事にも少なからず支障が生じているような状態でした。

l  相談から請求までのサポート

ある日、いつも通り仕事をしていたところ、急に腰と胸に激痛が走り、勤務先近くの病院を受診しました。直ぐに大きな病院を紹介されて救急搬送され、その日のうちに人工血管置換術の緊急手術を受けました。

人工血管を挿入置換した場合、その日を障害認定日とする特例があり、初診日から1年6カ月待つことなく請求手続きを進めることができます。本ケースでは人工血管を挿入し、かつ、一般状態区分のイ又はウに該当するような症状があったため、認定日請求を行いました。

l  結果

認定日請求の障害厚生年金3級が決定し、年額123万円、遡及で103万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「内科系の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864