ゴーハム病・リンパ管腫症による肢体障害で障害厚生年金2級を取得、年額145万円、遡及で450万円が認められたケース

女性(50代)無職
傷病名:ゴーハム病・リンパ管腫症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年額145万円 遡及額450万円

相談時の相談者様の状況

骨溶解が進行しており、胸部から腰にかけてのコルセットを着用されていました。痛みが激しく、麻薬を使用したり、ブロック注射、脊髄刺激療法、あらゆる種類と量の鎮痛剤を使用する等の治療を受けられていましたが、改善せず一日をほぼ横になって過ごされているため精神的にも苦痛を強いられている状況でした。

相談から請求までのサポート

胸や背中部分に痛みを感じ、ショルダーバックを肩に掛けることができなくなったり、電車内で大きく揺れると激痛が走るため受診したところ、骨折のため血胸になっていることが判明しました。更なる検査により肋骨が溶けて消失している部分と骨折してボロボロになっている部分があり、ゴーハム病と診断されました。受診当初より病状が進行しており、希少性難治性疾患のため、日常生活状況、症状等を詳細にヒアリングし、病歴・就労状況等申立書は別紙を添付して詳細に作成したうえで障害認定日請求を行いました。

結果

障害厚生年金2級が決定し、年額145万円、遡及で450万円受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「その他の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864