双極性障害で障害基礎年金2級を取得、ガンとの併合認定で障害等級1級に認定され、年間120万円を受給できたケース

女性(40代)無職
傷病名:双極性障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 併合認定で障害等級1級認定 年間受給額:120万円 

相談時の相談者様の状況

子供がまだ小さかったせいもあり、精神的に不安定になり、夜眠れなくなったので、内科でかかっていた先生に相談することにしました。安定剤や睡眠薬を処方されましたが、薬が合わなかったせいか不眠や不安感は解消されず1日の半分以上は寝て過ごす状態が続いていました。治療を続けていましたが、症状が改善されず徐々に希死観念に襲われ始め、ついに警察沙汰になるまでになってしまった為、措置入院となりました。退院後は近医で月1回受診し、薬を処方してもらっています。症状に変わりなく1日の半分以上は寝て生活しており、家事は全て夫がこなしている状況でした。

相談から請求までのサポート

もともとガンでご相談に来られましたがいろいろお話を聞いていると双極性障害で、精神福祉手帳2級を取得されている状態でしたので精神でも申請を行うことに致しました。障害認定基準によりガンでは2級が確定していましたので、2級に認めてもらえれば1級になることをご説明いたしました。ただ認定日当時の病院では神経症との診断でしたので、事後重症請求を行うことにしました。

 結果

現症日で障害等級2級を取得し、ガンとの併合認定で1級に認められ子の加算を含め年間120万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864