膵頭部癌、多発肝転移で障害基礎年金2級を取得、年間78万円を受給できたケース

男性(50代)無職
傷病名:膵頭部癌、多発肝転移
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級 年間受給額:78万円 

相談時の相談者様の状況

 胸やけの症状があり、かかりつけの医師に伝えたところ、胃酸を抑える薬(ランソプラゾール)を処方されましたが、改善されませんでした。胃カメラ、腹部CT検査を行い、そのの結果、膵臓癌、肝臓転移の疑いありと診断されました。精査加療はできないため他院を受診するよう紹介状を受け取り、大きな病院を受診することとなりました。
 血液検査、CT検査の結果、膵癌、肝転移ステージⅣBと診断されました。抗がん剤治療が開始されましたが治療の度に全身の著しい倦怠感、感覚の麻痺、手足顔の痺れ、筋肉のこわばり、浮腫、貧血、睡眠障害、便秘、手足の痺れ等といった副作用が顕著にあらわれました。現在は妻の介護をもって何とか日常生活を送っている状態でした。

相談から請求までのサポート

ガンの入院患者のブログで障害年金のことをお知りになり、ネットで弊所を検索されご相談来られました。認定日から3か月以内の日にご相談に来られましたので、認定日請求を行うことに致しまた。ただ転移が進んでいる為、なるべく早くの対応を心掛けました。

 結果

ガンで2級に認定されることは難しいのですが、障害等級2級に認定され年間78万円を受給されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「その他の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864