母親が知的障害で更新して支給停止、弊社がてんかんで再請求を行い障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

男性(20代) 無職
傷病名:てんかん
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級  年額:約78万円

相談時の相談者様の状況

知的障害の子を持つお母様からのご相談でした。6年程前から知的障害で障害年金を受給していましたが、更新で支給停止となり審査請求を行いましたがこちらも棄却され再審査請求がしたいとのご希望で相談に来られました。6年前と今回の診断書のコピーを拝見しましたが内容的には同じもので、6年前なら2級に認定してもらえたのでしょうが、現在では認めてもらえるレベルではありませんでした。
 再審査請求を行ってもまず不可能であることをお伝えし、支給事由消滅の手続きで行おうと思いましたが、肝心の医師がこれ以上の内容では診断書は書けないとの一点張りで行き詰まってしまいました。医師を変えても半年ぐらいは通院しないとなかなか診断書を書いてもらえませんので結構な期間が開いてしまいます。色々お母様からお話を聞いているとてんかんの持病があるというお話がでてきました。その様な事は今までの診断書には書いてありません。聞けば服薬しているにもかかわらず意識障害を伴うてんかんを年に3回程度起こしているようです。こちらで請求をすることをお勧めしました。

相談から請求までのサポート

てんかんでの請求をご説明し、頻度と程度を考慮すれば障害等級2級に該当する可能性があるとお話ししたところ、こちらで再請求をかけるというお話になりました。通院している先生に問い合わせたところ、診断書の作成を快く引き受けて頂きそれなりの診断書が出来上がってきました。

結果

障害基礎年金2級が決定し、年額約78万円を受給できました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864