軽度知的障害で障害基礎年金2級を取得、年額78万円を取得できたケース

女性(20代) 無職
傷病名:知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

幼少期より特に異常は指摘されていませんでしたが、中学1年時、担任より集団不適応、他生徒とのテンポの違い等が気になるとの指摘を受けました。それと同時に家庭内における生活面でも反抗的になったり、安易に嘘をついてごまかすようなことが増えたりと問題行動があった為、特別支援総合センターに相談に行きました。田中ビネー知能検査を受けた結果、IQ72でした。その後療育手帳B2取得しました。個別級を勧められましたが、中学卒業までは普通級に在籍しました。

高校は技能連携校を選択しました。学校生活では人間関係でトラブルを起こすものの、スクールカウンセラーや先生方とのやり取りを繰り返し、少しずつ特性を理解し、障害を受容することができるようになり、無事高校を卒業しました。

20歳を迎える前に医療機関とのつながりを求めて受診することとしました。定期的にカウンセリングを受けることにより不調を早期発見できるようになりました。就職は一般企業に障害者枠ではない形で就労しましたが、勤務時間が不規則だったことと激務だった為体調を崩すことを恐れて1年で退職となりました。現在は無職ですが、障害者枠雇用での求職中です。日常生活全般において家族の援助を必要としている状況であり、就労においても他者のサポートが不可欠な状態で、ご本人の将来を心配してお母様がご相談に来られました。

 相談から請求までのサポート

軽度知的障害でしたが、家族のサポートが必須である為、日常生活を細かくヒアリングしました。しかし出来上がってきた診断書は現状よりも軽めに書かれていた為、再度現状を細かく先生にお伝えし見直していただきました。

 結果

障害認定日請求を行い、障害基礎年金2級、年額78万円を取得されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864