診断書に関する確認書を添付して申請した結果、知的障害で障害基礎年金1級を取得、年額97万円を取得できたケース

男性(20代) 無職
傷病名:知的障害
決定した年金種類と等級:障害基礎年金1級
障害基礎年金 年間受給額:97万円

相談時の相談者様の状況

幼稚園では園長から発達障害を疑われ、小学校は個別級を勧められましたが、普通級に入学しました。しかし学校では頻繁にイジメにあい、何度か転校もしたが改善することはありませんでした。中学校も普通級に入学しましたが、パニックをおこし不登校となりました。中学卒業後は自宅に引きこもっていました。幻視によりパニックとなって自宅で暴れ、警察官に対する粗暴行為が見られたため、措置入院となりました。

退院後、掛かり付けの病院の精神科を受診したころ知的障害合併の発達障害と診断されました。日常生活では過食や物忘れが激しく、日常会話が成り立たず、薬の服用も父親が錠剤を手に持たせるところまで援助しなければ飲むことができませんでした。感覚障害があるため一年中Tシャツと半ズボンで過ごしていました。入浴は熱湯に入ってしまうため火傷のような状態となりました。入浴後は父親がタオルで全身を拭いていました。また公共の交通機関を嫌がるため、通院時は介護タクシーを利用しており、それ以外に外出することはほとんどなく自宅に引きこもっています。

主治医からはデイサービスやグループホームの利用を勧められており、障害年金を受給しながら生活を安定させたいと思い、お父様が相談に来られました。

 相談から請求までのサポート

療育手帳はA2で重度障害でしたが、実際に出来上がってきた診断書を拝見すると、仕事ができなくはないというような文言が書かれていました。お父様に確認したところ、そのような状態では全くないということでした。このまま診断書を提出すると軽めの等級に判定される可能性も考えられると思いましたので、その文言がどのような意味を持つのか先生への確認書を作成し、申請時に添付いたしました。

 結果

障害基礎年金1級が認められ年額97万円を取得されました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864