お父様が息子さんの統合失調症の申請を行ったが不支給。当センターで申請した結果、障害基礎年金2級を取得し年間78万円を受給できたケース

男性(20代)無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

 高校の時に転校先の学校に馴染めず、不登校となり体調も悪くなった為、メンタルクリニックを受診し、カウンセリングを受けました。しかし症状が改善しなかったため、他院に転医し受診したところ安定剤や睡眠導入剤を処方されました。
 高校卒業後は専門学校に入学しましたが、学校に馴染めず通学途中に頭痛・吐き気がしたり疲れやすいという症状が現れたため、クリニックを受診したところうつ状態と診断がありました。
 うつ症状が改善せず不登校のまま自宅でパソコンをしていることが多かったため、大学病院に転医しました。カウンセリングも併せて受けていましたが、医師から完治するのは至難の業であることを告げられたため、精神疾患の治療で評判の良い病院へ転医しました。だがうつ症状が改善せず不登校のまま自宅でパソコンをしていることが多かったため、再び大学病院に転医しました。
 4年程前に広汎性発達障害との診断となった為、デイケアプログラムに参加し、就労移行支援事業所に通所しましたが、対人関係にストレスを感じ契約を解除しました。この頃、障害年金が貰えると聞き、お父様が申請をしましたが不支給になってしまいました。一旦は諦めましたが、昨年症状が悪化し銃刀法所持違反で逮捕(不起訴)されました。本人は逮捕された自覚がありませんでした。その後、約3ヶ月左記病院に統合失調により入院し、現在は服薬を継続しながら自宅療養中の状態でした。今後は貰えるかもしれないと思い、HPで当センターをお知りになりお父様がご相談に来られました。                    

 相談から請求までのサポート

発達障害の場合、病歴就労状況等申立書は出生時から記述しなければなりません。ご両親にはかなり詳しく思い出していただきました。また初診は8年ほど前でしたが、カルテは残っており申請には特に問題はありませんでした。ただ最初の申請の時の診断書を拝見すると、かなり軽めに書かれていた為、今回の申請にあたり詳細なヒアリングを行いました。

 結果

障害基礎年金2級が決定し、年額78万円を受給することができました。更新もお手続きをお願いしますとお手紙をいただきました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864