二十歳前障害の統合失調症で障害基礎年金2級を取得し、年間78万円を受給できたケース

男性(20代)無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:78万円

相談時の相談者様の状況

 専門学校の担任からクラス内で見せしめのような対応をされることがあり、それをきっかけに人間不信から学校に行けなくなりました。自宅療養したが改善されず、親が探した病院を受診し、適応障害と診断されました。
 自殺願望も認められるようになった為、専門学校は退学しました。カウンセリングを受け暫くすると少し調子が良くなった為、郵便局のアルバイト(早朝3時間)を始めました。体調が更に改善されましたが、2年生になるとクラスメイトから嫌がらせを受けたり、たかられるようになり人間不信が再燃しました。家では物を投げる、暴れる、突然怒り出す、幻聴幻視の症状がみられるようなこともありました。結局専門学校も退学しました。病状の改善が見られなかった為、転院することにしました。ここで統合失調症と診断され、精神薬物治療を受けています。
 現在、就労継続支援B型に通所していますが、行けば良いという程度であり、医師からは働くことを止められています。
 日常生活全般においては常時家族の援助を必要としています。金銭管理も全くできず、お金はどんどん出てくるものだ思っており収入が無いにも関わらず、ネット通販等で月の請求が20万円程度になることも度々ある。朝から大声で歌とも会話ともわからない様な声でわめいたり、妄想、空想により夜中に起きて何かをしている状況です。普通の話が通じず、会話は常に成り立たちません。この様な息子さんの将来を案じて、ご両親がご相談に来られました。                

相談から請求までのサポート

 初診は二十歳前でしたので、保険料の納付要件は問われませんでした。認定日は初診日から1年6か月後の21歳の時でしたが、この時はそれほど病状が悪化していないとのお話しでしたので、事後重症請求を行うという事になりました。事後重症請求はスピードが重要です。素早い手続きを心掛けました。

 結果

現症日で障害基礎年金2級が決定し、年額78万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864