うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間169万円、遡及で964万円を受給できたケース

男性(60代)無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年間169万円、遡及額964万円

相談時の相談者様の状況

 職場に着いても何もできないほどの倦怠感に襲われた為受診したところうつ病と診断され休職となりました。毎日寝たきりの生活で、全身の倦怠感、無気力、何も考えられない状態が続きました。悪夢にうなされる日が多く、寝るのが怖い状態でした。生きるのが苦痛で死にたくなりました。食事、風呂など日常生活も自発的に行うことができず、妻に即されてやっと行っていました。
 復職しましたがすぐ休職となりました。電気ショック手術を試してみましたがうつ病は改善せず、寝たきりの状態は変わりませんでした。
 復職を希望しましたがリストラにより退職となりました。その後、障害者雇用でアルバイトをしましたが、そこでもうつ病が原因と思われる失敗が多くこれを理由に辞職させられてしまいました。これ以来組織に入り働くことに恐怖心を持ち働けなくなりました。
 両親の介護によるストレスで自分のうつ状態が酷くなってしまい、病状が悪化してしましました。減薬していた薬も増えて元に戻ってしまいました。
 現在の病状は他人とのコミュニケーションが取れなかったり、お金の浪費、掃除や風呂に入ることが苦痛で自主的にできず、夜は睡眠剤を飲まないと眠れないといった状況です。妻の援助の元生活しています。

 相談から請求までのサポート

 初診から現在まで同じ医療機関で定期的に受診していましたので、受診状況等証明書、診断書の作成は問題なさそうでした。相談者様には10年前に遡って障害認定日請求ができることをご説明いたしました。 

 結果

遡及で障害厚生年金2級を取得、年間169万円、遡及額964万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864