統合失調症で障害基礎年金2級を取得、年間78万円、遡及で253万円を受給できたケース

男性(30代) 無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
受給額:年間78万円 遡及額253万円

相談時の相談者様の状況

 仕事のストレスにより不安が強くなり日々イライラするようになりました。帰宅すると、「他人にあれこれ言われる」「会社で監視されている」等と訴えました。やがて「幻聴が聞こえる」と言い出し、周りの人が皆自分のことを知っている、近所の人の悪口が聞こえると怖がるようになり、テレビも見ることができなくなりました。車のナンバーを酷く気にし、物音にも敏感になっていました。パソコンを叩き壊して投げつけようとすることもありました。1年後体調悪化により退職をしました。床を踏み鳴らして興奮状態が続いた為、病院を受診したところ統合失調症特有の症状だと言われ、薬が処方されました。
 2年程の通院後、自宅マンション内の他人の郵便ポストの数字が気になり回すようになり、郵便ポストを傷つけるような行動を起こしました。病状が再燃し入院することとなりました。1か月間入院し加療を行いましたが、幻聴が完全に消えることはありませんでした。退院後は前医へ戻りましたが体調は変わらず悪く、休職状態が続きました。医師よりウォーキングを勧められましたがウォーキング中に他人の車を傷つけ弁償するに至り、再入院を勧められました。この間自宅では布団に入って寝ていることが多く、1日2回程度郵便ポストの番号確認をするために外に出て行っていました。
 県立の医療センターへ入院前提で紹介され、転院となりました。3か月ほど入院し、週末は外泊で様子を見ていました。退院後に退職となりましたが郵便ポストの番号を変える行動は続いていました。近所の人に悪口を言われている妄想は消えることが無く、グループホームに入所しました。B型事業所で週2回程度就労しデイケアにも通所しています。時々幻聴があり不安定さは変わらず、家族も週末などには様子を伺いに行っています。

 相談から請求までのサポート

 息子さんの将来の生活を心配してご両親がご相談に来られました。初診から通院は継続していましたので書類的には問題はありませんでした。ヒアリングをした限りではかなり状態が悪そうなので認定日請求をお勧めいたしました。

 結果

 認定日請求が認められ障害基礎年金2級を取得、年間78万円、遡及で253万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「統合失調症・統合失調感情障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864