うつ病により障害認定日において障害厚生年金3級、現症日で障害厚生年金2級を取得、年間135万円、遡及で97万円を受給できたケース

女性(30代) 無職
傷病名:うつ病
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:認定日で障害厚生年金3級、現症日で障害厚生年金2級
受給額:年間135万円 遡及額97万円

相談時の相談者様の状況

自動車整備業の会社に勤めていましたが、店長として店舗を任されるようになったころから、仕事の重圧、人間関係等に悩まされるようになりました。不眠、倦怠感、不安感、過食嘔吐と言った症状が出始め、仕事に行くことができなくなっていった為、メンタルクリニックを受診したところうつ病と診断されました。服薬治療を続けましたが仕事も家事もできなくなり、退職に至りました。月1~2回通院をし、日々の出来事などを中心に話をしています。現在通院以外の外出はできず、一日のほとんどの時間をベッドの上で過ごしています。中学生の息子にも何もしてあげることができず、日常生活すべてにおいて援助を必要としています。

 相談から請求までのサポート

 ご相談者様は乗り物に乗ることができない為、自宅近くの喫茶店で面談を行いました。傷病手当金も切れ、働きたくても働けない状況で経済的に困窮していらっしゃいました。初診から同じクリニックで定期的に受診していましたので認定日請求が可能なことをご説明いたしました。ただ認定日当時はまだ就労中であった為、診断書も2級には若干軽めでした。

 結果

 障害認定日において障害厚生年金3級、現症日で障害厚生年金2級を取得、年間135万円、遡及で97万円を受給することができました。定期的な収入が得られ大変喜んでいらっしゃいました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864