統合失調症で障害厚生年金2級を取得、年間116万円を受給できたケース

男性(40代) 無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級
受給額:年間116万円

相談時の相談者様の状況

  毎日眠れず、日中身体が怠い日が続きました。気力が全くわかないことに違和感を覚え、どこかおかしいのではないかと思い病院を受診したところうつ病と診断されました。身体が疲れているに眠ることができず一日中身体が怠く不安で意欲もわかず、仕事にも行くことができなくなりました。医師より休職するよう勧められ、休職し自宅療養し、服薬治療を行いました。
 体調の回復により復職しました。数回受診していましたが通院しなくなりました。調子が良く仕事にも通えていた為、通院を中止しました。
 3年程すると微熱が続くようになり、不眠の症状が出始めたため、再度下受診することとしました。医師の勧めにより休職し服薬治療を行いました。症状が改善した為復職しましたが、翌年不眠が再発し、再度休職となりました。その後自宅療養と服薬治療を続け復職しましたが周囲の視線が気になったり、誰かに悪口を言われていると思い込み仕事ができませんでした。復職後も常に不安感があり不眠も続き退職に至りました。
 現在、毎日死にたいと思い日常生活もまともに送れない状況です。経済的に不安を感じてご相談に来られました。

 相談から請求までのサポート

 認定日当時は通院していませんでしたので、事後重症請求しか行えないことをご説明しました。自分では到底できないとのことでご依頼されました。初診の証明は問題なく取得することができました。現症の診断書を取ってみると先生はかなり悪いと診断されている様でした。

 結果

障害厚生年金2級を取得、年間116万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864