統合失調症で障害基礎年金2級を受給していたが、自分で更新して支給停止。当センターで支給停止事由消滅手続きを行い、障害基礎年金2級が決定し、年間100万円を再受給できたケース

男性(30代)無職
傷病名:統合失調症
居住地:横浜市
決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級
障害基礎年金 年間受給額:100万円

 相談時の相談者様の状況

 20歳の頃にご自分で障害年金を申請され、何回か更新し10年程年金を受給していましたが、更新落ちしてしまいました。奥様とお子様がいらっしゃいましたので障害年金が立たれては生活ができなくなると経済的不安を抱えていました。自分としては以前の状態と変わりはないと自覚していましたので、不服申し立てができないかネットでお調べになり当センターに相談に来られました。    

相談から請求までのサポート

 まずは更新落ちした診断書を拝見いたしました。10年前なら2級相当であったのでしょうが、現在の基準では2級相当とは言えず審査請求してもまず無理であり、結果が出るまで相当日数がかかるため、再度診断書を提出しなおす支給停止事由消滅の手続きをお勧めいたしました。御本人も納得してご依頼になりました。更新落ちをした診断書を作成いただいた医療機関に再作成をお願い致しましたが、日常生活状況を細かくヒアリングし作成の資料といたしました。

 結果

 支給停止事由消滅が認められ、障害基礎年金2級を再取得し、加算を含め年額100万円を受給することができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「精神の障害」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864