障害年金について

統合失調症で申請を考えている方へ

「統合失調症」とは 統合失調症は、心や考えがまとまりづらくなってしまう病気です。その為気分や行動、人間関係などに影響が出てきます。統合失調症には、健康なときにはなかった状態が表れる陽性症状と、健康なときにあったものが失われる陰性症状があります。 陽性症状の典型は、幻覚と妄想です。幻覚の中でも、周りの人には聞こえない声が聞こえる幻聴が多くみられます。 陰性症状は、意欲の低下、感情表現が少なくな 続きを読む

【社労士が解説】うつ病で申請を考えている方へ

こんにちは 新横浜障害年金相談センターです。 この記事ではうつ病と障害年金について解説します。   もくじ うつ病とは うつ病の原因 うつ病の病状 うつ病の治療法 うつ病と障害年金   1 うつ病とは? うつ病は、気分障害の一つです。   一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといった精神症状とともに、 眠れ 続きを読む

障害年金の遡及請求をお考えの方へ

こんにちは新横浜障害年金相談センターの代表・遠藤です。 この記事では皆様の関心が高い「遡及請求(そきゅうせいきゅう)」についてお伝えします。 目次 ・遡及請求とは ・遡及請求をするためには ・診断書が1枚で良い場合も ・どのくらいの期間遡及できるのか ・早めに申請をした方がよいのか   遡及請求とは 障害年金を過去に遡って請求することを 続きを読む

傷病手当金と障害年金

【傷病手当金とは】 傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、 被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。   傷病手当金は、次の(1)から(4)の条件をすべて満たしたときに支給されます。   1業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること 健康保険給付として受ける療養 続きを読む

社会的治癒とは

治療を行う必要がなく症状が安定し、通常の生活が可能であったり、就労等により社会復帰したりしていることが認められる状態が一定期間あるときは、 医学的には治癒していなくても社会保険の運用上、治癒したとみなされることがあります。 これが社会的治癒です。   具体的には、以下の要件をすべて満たした場合は、社会的治癒と認められ、新たに発症したものとして取り扱われます。  ① 症状が 続きを読む

生活保護と障害年金

「生活保護を受けていますが障害年金はもらえますか?」というご相談を受けることがあります。   【生活保護とは】 生活保護は国が生活に困窮している世帯に対して、憲法で定められた「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する制度です。   生活保護の支給金額は「最低生活費」を基準として計算を行います。具体的には以下のような基準によって計算が進みます。 居住地 世帯 続きを読む

失業保険と障害年金

失業保険とは 失業保険とは、公的保険制度の一種で、正式には「雇用保険」と言います。加入者は、失業した場合や自己都合での退職にあたり、「失業手当(正式には基本手当)」を受給することができます。 失業手当は、雇用保険の被保険者が退職(離職)した際に、安定した生活を送りつつ、1日でも早く再就職するための支援として給付され、新しい職に就くまでの経済的支えになる制度です。働いていた頃の賃金の45%~80 続きを読む

老齢厚生年金の障害者特例とは

昭和60年の法律改正により、厚生年金保険の受給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられました。 受給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられたのが「特別支給の老齢厚生年金」の制度です。 「特別支給の老齢厚生年金」を受け取るためには以下の要件を満たしている必要があります。   男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれたこと。 女性の場合、昭和41年4月1日 続きを読む

特別障害給付金制度とは

国民年金に任意加入していなかったことにより、障害基礎年金等を受給していない障害者の方について、 国民年金制度の発展過程において生じた特別な事情にかんがみ、 福祉的措置として「特別障害給付金制度」が設けられています。   対象は以下の方になります。 1.平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生(※1) 2.昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象であった被用者等の配偶 続きを読む

「肘関節の人工関節そう入置換の取扱い」にご注意を!

厚生労働省が定めている「障害認定基準」には上肢の障害について以下のような定めがあります。 「一上肢の3大関節中1関節以上に 人工骨頭又は人工関節をそう入置換したものや   両上肢の3大関節中1関節以上に それぞれ人工骨頭又は人工関節をそう入置換したもの は3級と認定する。 ※機能に相当程度以上の障害を残す等の場合には更に上位等級への認定も可能」   つまり 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

LINEで障害年金のご相談

漫画でわかる障害年金

相談事例

無料障害年金勉強会開催中

     
平日9:00-20:00 土日祝応相談 045-594-8864